土地開発の会社が手掛ける

ある土地開発会社が広い敷地を買い取って大きな宅地販売をしています。そこは都心へのアクセスも良いところです。分譲宅地の場所からはまずバスで近くのJRの駅まで行きます。バスは1日に70本と多くあります。そのJRの駅は快速もとまる駅でそこから都心へは40分ほどで行くことができます。それでこの辺りは都心のベッドタウンとして今急速に一戸建てが建っている地域です。この宅地販売区では、住宅メーカーが6社参加しています。全国規模の住宅メーカーもあれば、この地域を特定して一戸建て建築を展開をしているメーカーもあります。この宅地敷地内にはそれぞれの住宅メーカーのモデルハウスが建っていて、すべて見学可能となっています。モデルハウスは4LDkのものが多いです。住宅メーカーによって総譲渡価格は異なります。一番安いところで3000万円台からで、一番高くて5000万円を超えるくらいの金額です。すでに宅地の工事期は20期を超えて進んでいます。土地面積はどの区画も約56坪ほどです。この広い宅地内には自動公園もいくつかあり、中学校や小学校、市民センターやスーパーもそろっています。この地区内だけで一通りの生活に必要なものはそろっているということです。また一戸建てをたてるときに今は考えなければならないのは環境のことといえます。太陽光発電を提案したり、環境に優しい電気自動車用のコンセントを全戸に標準装備をしているということです。未来を見つめた環境ということと、健やかな家族の笑顔をつくるということがこの一戸建てを建てる宅地開発会社のコンセプトということです。古いところに一つだけ一戸建てを建てるとなるとご近所づきあいが難しいという懸念もありますが、このように一斉にみんなでスタートとなれば煩わしい人間関係に悩むこともありません。学校も中にあるので子供たちが転入生となって悩むという心配もないです。新しく一戸建てを建てるならこのような一斉開発のところを選ぶのも一つの方法です。

Copyright ©All rights reserved.子供がいる夫婦におすすめの賃貸の不動産 .